前へ
次へ

男性も産婦人科や婦人科で活躍できる

看護師の国家資格は女性の取得が多いものの、男性も認められています。
男性ならば、保健師資格の道も開けますが、その割合は未だに数%です。
ですが、必要とされるニーズの高まりにより、人数は年々増加傾向、今後、男性看護師や保健師の活躍が目立つようになり、男性の憧れの職種に医師が入るように、なりたい職種に入る可能性は無きにしもあらずです。
ですが、看護師と同じ国家資格ですが、未だに助産師の資格は女性だけに限定されています。
ですが、医療先進国では、男性助産師が活躍しているようです。
やはり、産婦の立場から考えれば、抵抗感を抱く女性は多いのではないでしょうか。
長時間産婦に付き添う仕事に限っては、男女平等という成り立ちは完成しないように感じられます。
助産師は出産の援助や妊娠している女性への保健指導、育児相談に乗ります。
育児パパもいるので、産婦に携わるのではなく、この場合には旦那さんの相談役になれる仕事に就くことができるのではないでしょうか。
現在、婦人科は男性の入室を制限していますが、産科は制限していません。
家族だからできる支援がある、また、家族だから気を使い、精神的にも肉体的にも疲れてしまうこともあり、助産師になれないなら、トータル的に支援できる男性カウンセラーが必要なのではないでしょうか。

Page Top