前へ
次へ

セカンドオピニオンを受けること

病気が見つかってその治療方法に納得がいかないという場合には、セカンドオピニオンを受けてみるとよいでしょう。
必要なデータもすでにかかっている医療機関ですべて準備をしてくれるので、再度検査を受けなければいけないということはありません。
昔はセカンドオピニオンを受けたいということを今かかっている医師に伝えると否定されたり、露骨に嫌な顔をするということもありました。
しかし最近では患者が納得できる治療を受けるためということもあるので、医師もセカンドオピニオンを推奨するようになりました。
しかしそれでもセカンドオピニオンにはお金がかかってしまうというデメリットもあります。
意見を聞くだけなのに高額だと感じてしまうくらいの価格なので、躊躇をしてしまうということもあるようです。
また医療機関によっては完全予約制でセカンドオピニオンを受けるだけなのに何週間も予約待ちをしなければいけないということもあるのが問題です。

Page Top